アウトドアプログラム

くびれアウトドアプログラムは施設の設備を使わず外で行うプログラムです。設備が使えないのでできることは限定されてしまいますが、外で行うためスペースに悩まされず自然の中でスポーツを楽しむことができます。

アウトドアプログラムとして基本的なのがウォーキング、ランニング系統です。単に歩く、走るだけであれば自分でもすることはできます。しかし歩く、走るにも正しいやり方があり間違ったやり方だと効果が出難いどころか足腰にかかる負担が大きくなってしまうのです。こうしたプログラムは単に歩く、走るではなく正しいフォームを学ぶこともできます。

ウォーキングの中にはノルディックウォーキングというプログラムもあるのです。こちらは2本のポールを持って歩くものであり、ポールを原動力とするため足腰にかかる負担を軽減することができます。自分でポールを用意すればジムに行かなくてもできますが、プログラムの場合はポールを借りるだけでなく姿勢と使い方を学ぶこともできるのです。

このようなアウトドアプログラムは外で行うものなので、運動するコースを自分でプログラムを通して確立できるのも隠れた利点といえます。自分1人ではなく複数人で行うため、交流によってモチベーションを維持できるのも特徴です。